のんびり生活日記

feel-at-leisure のんびりした気分で

Web漫画紹介「ACARIA」 / Web comic introduction「ACARIA」

time 2019/03/05

Web漫画紹介「ACARIA」 / Web comic introduction「ACARIA」

裏サンデーにて連載中の作品「ACARIA」が面白かったので【ネタバレ無し】で紹介します。連載中と言っても最終話まで掲載済みで、残りは3/18にエピローグが掲載されるのみとなっています。

Since the works “ACARIA” series on the back Sunday was interesting, I will introduce it in 【No spoilers】. Even if it says that the series is on the last episode has been posted, the rest is only posted on 3/18 epilogue.

舞台は剣と魔法のあるファンタジー世界、記憶を無くした少女アカリアが「記憶を蘇らせる秘宝」を探しに冒険者となるという王道ファンタジーです。全24話+エピローグのためそれほど時間もかからず読めます。

主人公アカリアが、記憶を無くしているという以外には特別な能力を持たない少女というのがこの作品のポイントかと思います。新米冒険者の目線でのファンタジー世界を描いており、あまり劇的でない日常(後半は劇的ですが)を楽しむことができます。

また、この作者さんの固有のノリなのですが、どこか調子の外れたキャラクター達がそれぞれマイペースに話を展開していきます。シーンによってはボケ倒しで突っ込み不在となりますが、その軽快なやり取りもなかなか面白いです。

The stage is a fantasy world where swords and magical fantasy world, a girl who loses memories becomes an adventurer looking for “hidden treasure that revives memory”. Because it is all 24 episodes + epilogue it can read in less time.

I think that the main character ACARIA is the point of this work as a girl who has no special ability except that he loses his memory. It depicts the fantasy world in the eyes of a new adventurer and can enjoy daily life not so dramatic (dramatic in the second half).

Also, although this author’s unique nori is, characters that are out of tune will develop their stories to their own pace. Depending on the scene, it will be absent by knocking down, but its light interaction is quite funny too.

作者さんの前作「ヘルク」もだいたい同じようなテンポで話が進みますので、「ACARIA」が気に入った方は読んでみるのも良いかと思います。こちらは全12巻で完結済みです。

The author’s previous work “Herk” will progress at about the same tempo, so I think that it is better to read those who like “ACARIA”. This is completed in 12 volumes.

sponsored link

down

コメントする




このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

アクセス

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。



sponsored link

アクセス